ノートPCの液晶交換

こう、普及価格帯のノートPCの画面というのはなかなか見にくいものである。
今回のターゲットはNEC Lavie PC-NS350AARであるが、例にも漏れず視野角の狭いTN液晶かつ光沢仕上げで解像度は1366×768という典型的な残念液晶を搭載している。

もう別に新しい機種ではないが、資格勉強に使うようなので見やすい液晶に交換することにした。ちなみに液晶交換に先立ち手持ちのSSDを使用しSSD化してある。

続きを読む

ジャンクのDAS-703ESが来たので修理

CoVID-19の影響で今年のGWも帰省を中止せざるを得ず、暇になった。
暇だがあんまり街に出てうろうろするものでもないので、近所のハードオフに行きGWのおもちゃを漁りに。

ポケコン2台と、なんとなくジャンクのCDPを2台ほど発見。
SONY CDP-510とXL-Z711。どちらもトレイベルト伸び程度。
CDプレーヤを持ち帰るのはいつぶりだろうか。

実家にいたころは何台もオーディオ機器を積んでおり、CDプレーヤもたくさんあったが、引っ越しの時にかなり放出してしまった。
2システム分程度の機器を実家に残し、引っ越し先には基本的に各コンポーネント1台づつしか持ってきていない。

 

 

XL-Z711は2台目なので音は知っていた。一方でCDP-510の方は廉価機とは言え80s SONYサウンドを久しぶりに聞き、単純に「この感じ良いな」と思った。
いわゆる解像間やレンジといったものはメインで使用しているDENON DCD-3500Gに到底敵うものではないが、DCD-3500Gは個人的な趣向としては少々ウォームすぎると感じていた。

こうしてSONYの往年の高価格帯のCDPがほしいななどと思ってしまったわけで、しばらく思慮した結果、DACを買えばいいじゃんと。結果、ヤフオクでDAS-703ESを落札してしまった。
続きを読む

ワンダースワンに音声出力端子をつけたい

ワンダースワンには標準でイヤフォンジャックがありません。横のポートに出力用の周辺機器(別売り)を取り付けないとなりません。そしてコレがネットで探しても地味に高い。

続きを読む

プロジェクター買った

この前父親に部屋で映像を見せていたら「音響の割に画面が小さいな」と言われたのでスクリーンとプロジェクターを導入しました。

小さいつっても7畳間に37インチの液晶テレビって普通だと思うんだけど…

続きを読む

3Dプリンタを買った

今流行りの工作機械は3Dプリンタだ。自分でメーカーでディスコンしてる修理用のパーツを作ったり、自分の好きな小物をプリントできるスゴイマシンだ。すごいので俺も買った。

お遊び用なので安めのやつ。QIDITECHの X-one。お値段税込み49,800円。

rsdsc_9351

 

なかなか厳重な梱包の荷物が届いた。Overweightとか書いてあるが普通に一人でもてる。

これが本体。

rsdsc_9356

 

なんでこんな色にしたのか知らないが大変鮮やかなブルーである。各所はビニタイでしっかり固定してある。中華メーカーにしてはかなり梱包状態はよい。中華工作機械として有名なものの一つにレーザー工作機があるが、そんなものとは大違いの梱包の丁寧さだ。組み立て精度も十分そうに見える。

rsdsc_9353

 

こちらが付属品。フィラメントはお試しとかではなくPLA 1kgが付属。専用品しか使えない他社の安価製品と違い汎用のPLA、ABSフィラメントがそのまま使える。いいことだ。

ご丁寧にスティックのりも付属。電源ケーブルは3極でアースが出っ張ってるやつだがありふれたケーブルだし別なやつを使えばなんてことはない。

 

さて印刷するデータがないと機械は仕事をしてくれないが、ちゃんと印刷するデータは前日に用意しておいた。

fuuin

 

封印の鍵。出力は単色だが色はつけておいた。

モデルはBooleanで全部くっつけて一つのオブジェクトにした後obj形式にする必要がある。上位版じゃないメタセコイアでは出力でいないのでフリーソフトを使って変換するか、最初からBlender等objで保存できるソフトを使えばいい。

あとはSDカードに入れるか、USB接続で3Dプリンタに転送する。取扱説明書にはSDカード推奨とかいてあるのだがなんとこいつ初期不良でSDカードを読まない。

仕方がないのでUSBで接続して出力開始。

rsdsc_9362

 

当然だが宙には印刷できなのでちゃんとブリッジを設定しないと失敗する。(最初何回か設定が悪かったりして失敗した)

rsdsc_9363

 

出力完了。いらない部分をちぎって完成。

思ったよりずっときれいに出力できた。

img_wsj8pa

 

とりあえず使ってみての思ったのは、まだ3Dプリンタは出力にコツがいるということ。インクジェットプリンタみたいに出力すればだれがやってもきれいに完成とはいかないらしい。

まだまだ発展途上のデバイスであるし、今後はもっと高精細で簡単になっていくのだろう。あくまで現段階では「工作機械」の域は出ないんじゃないかと思う。

もちろん夢のつまった素晴らしい機械であることに変わりはない。満足。

 

SDカードスロットの問題、USBで印刷できるし修理してもらうのもめんどくさいので放置してたがサポートにメールを送ってみた。こういう不具合時には日本語対応してくれる国内代理店があるメーカーは楽かもしれない(QIDITECHもしてくれるの?)。さてどうなることやら。

VUメータのランプ交換

SH-9020Mのランプが切れていたので交換した。

VUメーターと書いたけどPEAK/AVERAGEメータなのでPPメータというのが正しいのかもしれない。詳しくなくてごめんなさい。

rsdsc00287

 

同じようなランプに交換するなら大がかりに分解する必要はない。フロントパネルを外して、パカっと。メモリの紙がついてくることがあるので針を曲げないように注意。

rsdsc00290

 

ランプには交流6Vが供給されているのでLEDに置き換えようと思ったら電源を取る場所を弄る必要がある。今回は普通のVU用電球を用意。はんだ付けで交換しておわり。

 

rsdsc00294

 

んんん、暗いぞ!

電球の仕様よく見たら9V~12V用でした()

 

電圧の違う場所に接続することにして、天板を開いてみる。

トランスからつながってるこの部分、ここでもうちょっと高い電源に接続。

rsdsc00297

 

 

明るくなった。これでおわり。

rsdsc00302

SONY MDP-A30修理

ジャンクのMDP-A30を買った。症状はFL管(ディスプレイ)表示せず、トレイ開きません。

簡単に直ったのでまとめ。

まずトレイが開かない症状だが、だいたいがベルトが滑っているか固着しているかトレイ位置検出のマイクロスイッチが調子悪いかのどれかだ。MDP-A系の場合はディスクを抑える部分が固着する持病がある。

このMDP-A30ももれなく固着してたので手でベリッと引き剥がしたら以後トレイは正常に開くようになった。この状態でディスクを入れるとA,B面とも再生は正常。しめたものだ。

次にFL管、劣化で光らなくなったとは思えないのでコンデンサの容量抜けが疑われる。

前面の基盤を本体から分離。フラット1箇所、コネクタ3箇所。

rsdsc00281

 

 

これが表示部の基盤。電解コンデンサが3つほど載ってるが、これは別に光らないこととは関係なし。今回も交換はしていない。

rsdsc00263

 

 

裏をみると表示管に隠れた部分にC101~C104があるのが記載によりわかる。

今回はC101、C102の2つだけ交換した。各16V47uFの黄色いコンデンサ。

 

rsdsc00267

 

 

隠れているということは表示管をなんとかしないといけないわけだけども何十個もはんだ除去なんぞしたくもないので表示管を写真のように起こしてやった。

上側のツメで留まっている角を外せばおk。問題の電解コンデンサが見える。裏側からはんだを吸い取ってやれば電解コンデンサは抜けると思うし、新しいコンデンサも穴に差し込める。

rsdsc00270

 

だがしかし、なんと手元にははんだ吸い取り線もスッポンもない。…のでクリアランスがあることをいいことに裏側につけてしまった。

(はんだ付けてきとうですみません。容量もあってません。100uFついてます。)

rsdsc00276

 

 

光ることを確認して終了。リモコン取説付き、いい買い物でした。

rsdsc00283