HPEサーバのROM(BIOS)を更新してみる



HPE Proliant DL20 Gen9のBIOSをアップデートしたので記録。
アドバイザリ見たら書いてあると思うけどね。

 

今回はOSは一旦落としてオフラインアップデートを実施することにする。
オンラインアップデート用の資材は保守契約ないとダウンロードできないはず。

アップデート自体はiLOからでもできるが、iLOにIPアドレス振ってない状態だったので素直にUEFIからのアップデートを実施した。


さて、まずバイナリファイルをダウンロードしてくる。
例えばDL20 Gen9用はこれ。

[ドライバおよびソフトウェア]** CRITICAL ** システムROMフラッシュバイナリ – HPE ProLiant DL20 Gen9 (U22)サーバー
.flash拡張子のファイルが用意できればOK。
その辺に転がってるUSBメモリにコピーしておく。

 

で、USBをサーバに刺して、電源投入。
長々と起動が始まるが、 F9 キーを押して System Utilities メニューを表示させる。

メニューが出たら Embedded Applications –> Embedded UEFI Shell を選択すると内蔵UEFIシェルが開く。
なお、前提として内蔵UEFIシェルが有効化されていることが必要。デフォルトでは有効になっている。

 

シェルが起動すると、接続されているファイルシステムがつらつらと出る。
もっかい表示したければ shell> Map -r コマンドで表示できる。

今回はUSBはFS0として読み込まれていたので、USBメモリに移動するために
shell> FS0: をタイプ。ちなみに、日本語キーボードを接続してる場合、”:”をタイプするには[Shift]+[;]。

lsコマンドでファイルが見えたので、以下のコマンドでアップデートを開始する。

FS0:\>fwupdate -d BIOS -f U22_2.56_01_222018.signed.flash 

 

一度確認が出るが、yキーで了承すると書き込みが始まる。

無事終了。あとはリブートして確認すればOK。

 

以下の通り、起動時一番最初に表示されるバージョンが新しいことが確認できる。

終わり。

 

ちなみに、DL20 Gen9の上記バージョンのBIOSでCore i7 7700Kを載せてみたら起動できた。i7載った状態でメモリもnon-ECC UDIMMに差し替えてみたが使える模様。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です