ESXiとFreeNASにAQN-107を導入する

最近は10GbitのEthernetカードもずいぶん価格が下がり、
Aquantia AQN-107など7000円台で購入できる。

数日前にAREAから発売された2.5GbEのカードも実売4000円を切っており、1Gbps以上の高速Ethernetはかなり手を出しやすくなってきた。更にはノートパソコンでもUSBアダプタを使用し1Gbps以上のネットワークに接続するのも容易である。

さて、今回は10GbEのAQN-107を2枚購入した。
自宅環境での導入は初めてだが、まずはESXiとFreeNASを接続したいのでそれぞれにドライバをインストールしてみることにする。





XG-C100F、LREC6880BTなどAQC107チップ搭載のNICなら同等の手順で問題ないはず。

■ESXi

ESXiはVibというモジュールパッケージによる拡張が可能である。
AQC107用のドライバvibはGitHubよりダウンロードできる。

Aquantia/AQtion-esxi
https://github.com/Aquantia/AQtion-esxi

Relaseからvibファイルをダウンロード、任意のデータストアにファイルを配置する。
ESXiのコンソールに接続し、以下のコマンドでインストール。

# esxcli software vib install -v /vmfs/volumes/ /AquantiaAQN107 .x86_64.vib --no-sig-check -f

インストールされたVIBは以下のコマンドで確認できる。
# esxcli software vib list

ここで一旦再起動
Web Clientに戻り、ネットワークの物理インターフェースに表示されていればOK

 

■FreeBSD (FreeNAS)

FreeBSD用のドライバもGitHubで公開されている。

2019年9月にportsに追加されたようで、今はコンパイル済みPackageも利用可能となっている。
https://www.freshports.org/net/aquantia-atlantic-kmod/

コンパイル済みのパッケージを使用する。

FreeNAS環境(少なくとも11.2-U6)ではデフォルトでローカルリポジトリしか参照しないため、以下のファイルを修正。

 /usr/local/etc/pkg/repos/local.conf
  変更前: enabled : yes
  変更後: enabled : no
 /usr/local/etc/pkg/repos/FreeBSD.conf
  変更前: enabled : no
  変更後: enabled : yes

ファイルを修正したら現在の最新版を確認する。
#pkg search aquantia

確認したパッケージをインストール。
#pkg install aquantia-atlantic-kmod-0.0.5

ドライバをロード。
#kldload /boot/modules/if_atlantic.ko

起動時に勝手に読むように /boot/loader.conf に以下を追記。

if_atlantic_load="YES"

ifconfigでインターフェースが見えていれば完了。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です