Windows7 32bitからWindows10 64bitへ

自席端末はFHDモニタを2枚もらってるし、i7 6700プロセッサ搭載でメモリも8GB積んでいてなかなか良いのだが、致命的に残念なのがWindowsが32bitなところ。
メモリが半分も使えていない。

んで、許しが出たのでWindows10 Pro 64bitをクリーンインストールすることに。
ダウングレード権でWindows7にしてあるだけなので必要なプロダクトキーも搭載されている。

さて、ディスクの管理からてきとうにCドライブを縮小。
Windows10のインストールディスクから起動してインストール先にさっきあけた領域を指定……したらなんかでた。

「選択されたディスクは GPT のパーティションの形式ではありません」



なるほど。事前に確認しなかったがシステムディスクはMBRで構成されているらしい。
別にWindows7 32bitに用はないのでディスクを初期化してもいいのだが、
ローカルデータを一度全部ファイルサーバにあげたりしなくてはならず面倒なのでデータを保持したままGPTに変換することにする。
(もちろん引き続きLegacy BIOSモードでMBRを使用するという手もある)

今回はGPT fdiskを使用する。インストールも不要だし。
Windows用のバイナリをダウンロードしてきて展開、管理者権限のコマンドプロンプトから実行。

 

 

起動中のシステムディスクを書き換えたのでフリーズするが、気にせず再起動してWindows10 Pro 64bitをインストール。
元と同じコンピュータ名を設定、あとはプロキシ設定とか。ドメイン再参加は一旦ADサーバからコンピュータ名を削除してもらう必要がある。

ライセンス認証がまだなので、PowerShellにて以下のコマンドを実行。

 

出てきたライセンスキーをコピーしておく。

[設定]-[更新とセキュリティ]-[ライセンス認証]を開き、
「プロダクトキーの更新」カテゴリの[プロダクト キーを変更します]をクリック。
出てきたウィンドウにさっきコピーしたキーを貼り付けると認証が通った。

パーティション構成的にもあまり賢い方法ではないが元のファイルにもアクセスできるし目的は達成したのでよしとする。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です