Netwalkerを買ってみた SHARP PC-Z1

タブレットなどの普及で今更感がすごい製品だが、中古で安くなっていたので買ってみた。

 

IMG_2384

 

まぁシャープの小型電子機器の箱はだいたいこんな感じのイメージ。

 

中身。

IMG_2385

 

え、これほんとに中古ですか。といった具合で、とても状態はいい。梱包材、付属品も完璧。

 

電源投入。非常に液晶画面はきれいである。5インチで1024×600ドットあるのでピクセルは細かいのだが、文字や画像は鮮明。

液晶は自社製品だろうか。さすが液晶のシャープ。視野角も問題なし。

IMG_2386

 

 

よく電子辞書サイズと言われる本機。実際に並べてみた。

左はSHARP Brain。WindowsCEベースのため、いろいろアプリケーションが動作することで有名だろうか。

印象ではBrainの方がスマートな印象を受ける。

 

IMG_2389

 

 

オーバークロックカーネルを導入してみた話などはまた後日。

 

 

Avast!とMactypeの相性問題

予算がなかなかまわらんので普段はPCのセキュリティはフリーのものですませてしまう。

現在使用しているのはAvast!バージョン8。ところがふとタスクトレイのアイコンを見ると停止している。

 

ウィンドウを開くと「登録されていません」などと表示されていた。どういうことだろうか。

登録してくださいもなにも、先月更新したので期限が切れているはずもなく、再インストールしてみたが一向に改善しない。

 

ググってみると、どうやらMacTypeと相性が悪いらしく、MacType側から「除外」してやらなければならないらしい。

なるほど。

 

その後MacTypeのプロセスマネージャからAvast!を除外してやると、正常に動作するようになった。

 

CASIO UI-7A USB MIDIインターフェース

 

IMG_2356

CASIOのUSB MIDIインターフェース。16×16チャンネルのごく一般的な仕様。

最近のMIDI機器にはUSBポートがついているのであまり出る幕はなさそうだが、常日頃からあったらいいなと思っていたのでハードオフで見つけたついでに買ってみた。

こういう機会がないと買わないしな。

サポートOSはWindows98/Me/2000/XPおよびMacintosh OS9.2又はMacOS 10.1.5以降。

 

 

そう。64bitWindowsなど完全にサポート外なのである。もちろんドライバーの供給もない。どうしたものだろうか。

分解して中身のチップの型番を~などと思っていたのだが、意外にもこの問題はあっさり解決できた。

 

なんだこいつ

http://www.m-audio.jp/products/jp_jp/Uno.html

これと同じじゃないですか。

 

 

というわけでM-AUDIOから供給されている64bit用のドライバをインストールして終わり。

デバイスマネージャから見るとCASIO UI-7AじゃなくてM-AUDIO UNOになっているけどなんの問題もない。気になる人はインストーラーからドライバ抜いてinfファイルでも書き換えたらいいんじゃないかと思います。

 

 

余談

IMG_2357

 

「Pentium MMX200kHZ以上」

 

 

おいおい

200kHZってなんだよ…

 

Server Internal Error 500に焦る

突然WordPressがServer Internal Errorで繋がらなくなった

わりと焦ったんだが、直前に何をしていたか考えた。

Contents.phpを弄ってた。

 

Apacheも正常のようだし原因はこいつしかない…

仕方ないのでSSHでサーバーに接続。contents.phpはどこにあるのか。

wordpress →wp-content→theme→TwentyTwelve(テーマ名)

ここにある。

vi contents.php

さっき弄った箇所を元に書き直す。上書き。

 

ブラウザに戻ってwww.eximradar.jpをリロードするとブログが表示された。

よかったよかった…

サーバー構築記 ~サーバー設置編~

 

 

NTTXで注文したサーバー機が到着した。

NECの国産サーバー

300KBIMG_2084

 

NEC Express5800/s70 TypeHF

購入価格は10980円。最終的に9980まで値下げされたようだが、殆ど底値である。

CPUはCeleron G540 (@2.50GHz)

RAMは2GBが1枚。1スロットあいている。

PCI Expressを2スロット有し、DVDスーパーマルチドライブを搭載している。

コストパフォーマンスは抜群だ。作りもしっかりしている。

 

早速開ける。箱じゃなくケースをな。

300KBIMG_2089

 

 

空きスロットに4GBのメモリを装着し6GB RAMとする。システムには64GBのC300 SSDを投入。さらにストレージ用にWD の1TBのHDDを装備。

 

300KBIMG_2086

 

これでハードウェアの準備は完了。

ファンがなかなかの音を立ててくれるのでクローゼットに設置。OSをインストールする。

OSにはCentOSを採用した。Linuxには全く慣れていないのでいろいろ覚えなきゃならないはずだ。勉強しなくては。