NEC PC-8801mkIISR

去年の暮れに88SRを入手したはいいけれど、肝心のキーボードがないので電源をいれてN-88BASICが起動する様を眺めることしかできなかったのだが、今回やっとキーボードを入手したのでちょっと紹介したい。

入手したキーボードはmkII用だった。PC-8801用のキーボードにはコネクタの種類が3種類あり、mkIISRにつかえるのはmkII/SR/TR/FR/MR用のもの。

RsDSC00722

 

88のキーボードとしてはかなり美品の部類だろう。比較対象がないので黄ばみがどの程度なのかは判断しかねるが、どうなんだろう。

通常キーはすべてALPS社製のメカニカルスイッチで、打鍵はしっかりとしたクリック感があり、音はカチカチと大きい。

CAPSキー、カナキーはトグルスイッチである。

 

次に本体だが、DRIVE Aの動作がかなりあやしい。FDDはTEAC製、ダイレクトドライブである。

DRIVE Bは元気なようなので、少々のメンテナンスの後、ドライブを入れ替えた。

 

RsDSC00605

 

上面カバーを開くとこんな感じ。

まずはそれぞれのドライブのネジを外す。DRIVE Bは左側、DRIVE Aは右側だけ外せばいい。

次に真ん中の固定金具のネジを外す。

ネジは固定金具の底面の2つ、ネジを外したら固定金具を上に引き抜く。これでFDDは解放される。RsDSC00712

 

あとは電源ケーブルなどを外しつつ全面に引っ張りだせばいい。

 

RsDSC00713

 

 

ドライブを入れ替えて、固定し直しておわり。

 

これで88SRの実機環境がとりあえず整った。

mkII用のキーボードをSRに差すと、L字プラグ用のくぼみの向きが違うので収まりが悪いが、まぁ使用する上での問題はない。

DSC00714

 

 

とりあえずイースIIを起動。

影の部分の色がおかしいのは撮影の問題と思われる。たぶん。

こいつ対応は31KHzのみの液晶モニタだが、15KHzの88でも24.8KHzの98でもOUT OF RANGEといいつつ自動調整してちゃんと画面うつしてくれるな。

RsDSC00719

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です