CBF125Rに充電用USBポートを取り付ける

CBF125Rに充電用USBポートを取り付けようと思う。
付けるのはデイトナのこれ。


https://www.amazon.co.jp/dp/B016Z98AVU/ref=cm_sw_r_tw_dp_M8V2ZHWQA16GPRC2ZS90

ブレーキレバーの配線から簡単にキー連動にできます!というセットもあるけど別なハーネスがついているだけでなんか1000円くらい高い。
自分で切った貼ったすればいいと思ったので安いバッテリー直繋ぎのセットを購入。

さて、ハンドルについているブレーキレバーの配線からACCをとってもいいんだが、あまり見た目がスマートじゃないので別なところから取り出せないか考えたい。
とりあえずシートを外してみる。

ウインカーリレーの近くにアースがあった。GNDはここから取れそう。

防水ブーツみたいな中にはブレーキランプとかウインカーのハーネス、ギボシが繋がっている。
どうせ常時点灯だしACCはテールランプから取ろうかな。

3pinのコネクタで繋がっていて、緑はGNDだろうが、緑+黄線と茶色のどちらがテールランプ配線かテスタで見てみる。

どうやら茶色がテールランプで緑+黄がブレーキランプの線の模様。

エレクトロタップで分岐すれば早いけどあれは使いたくないので潔くテールランプ配線をぶった切る。もちろん車体側ではなくテールランプハーネス側。

 

ギボシ加工してこうなった。
USB側もバッテリー接続用の輪がついていたのを切ってギボシにしてある。
GND側はネジ止めするので輪のまま。

各部ビニールテープを巻いてACC取り出しは完成。

カウルの中、ハンドルに繋がる各種配線と同じ経路に線を引き通してハンドル側にポートを設置。

余計な配線もなくきれいに付けられた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です