Bukkitサーバー用のプラグインを作ってみた

マインクラフトサーバーの更新にあたり、サーバープログラムをbukkitからSpigotに変更した。

また、MCbansと競合することがあった管理・ロギングプラグインであるShadowAdminをやめて定番のHawkeyeに入れ替えることにした。特に問題はなく移行は完了したのだが、ShadowAdminについていたチャット整形機能が使えなくなったためチャットの表示はデフォルトに戻ってしまった。

2014-04-01_19.52.58

使用上はなにも問題がないがShadowAdminの表示に見慣れていたのと、時間表示が便利であったためチャットを整形するプラグインを導入することにした。

もちろん先に既出の同等プラグインがないか探したけれど発見できず、ならばと自分で作ることにした。プラグインの作り方についてのページは英語、日本語ともに豊富で情報を集めるのに不自由はなかった。

まずはじめにプラグインを作成するにあたり、Javaの基本的な書き方について押さえなくてはならない。今までJavaは書いたことがなかった。

開発環境にEclipseを用意し、解説を読みながらとりあえず書いていく。イベントを関知する部分でちょっと悩んだが非常に簡単な機能のプラグインということもありあっけなく完成してしまった。

timecode

 

 

今回Bukkitのイベント一覧をざっと見たが、様々なイベントを取得できるようになっており、アイディア次第で様々な楽しいプラグインを作れそうだと感じたが、他にたいしたアイディアもなくこれ以来プラグインはおろかJavaすら書いていないのであった。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です