ヘッドフォンの修理 ATH-ES7

今回は断線したヘッドフォンの修理について紹介しよう。

 

ここで修理するのはAudio-TechnicaのATH-ES7。

もうこいつは後続機種がでて廃盤だろう。

価格ドットコムで調べたらいまや6,500円くらいから買えるのな。買ったときは出始めで16,000円くらいしたのに…

 

この記事だが、実は移転前のブログに掲載していたネタを引っ張ってきた。

RsIMG_1895

 

 

さて、こんかいの断線ポイントはここ。

RsIMG_1896

 

 

まぁヘッドフォンの断線なんていうのは大抵ここかプラグの根元だ。

 

早速分解しよう。

RsIMG_1898

 

イヤーパッドはてきとうに引っ張ればとれる。とったらネジがあるので外す。簡単。

 

RsIMG_1899

 

はずすとこんな感じ。しかしほっそいなぁ…

 

ここまでくればだいたいわかると思うが、断線したと思われる場所をぶった切って、コードをドライバーユニットにつけ直せばいい。

RsIMG_1900

コードを剥き直したところ。

あとは半田ごてとはんだで素早くくっつける。あんまり熱を加えるとドライバーによくないと思われる。

 

RsIMG_1902

 

しめ直して完成。

買い換えるくらいなら、一度自分で試してみたらどうだろうか。意外とあっさり直る。

ちなみに、プラグの付け根が断線した場合はその辺で部品取り用に安いイヤフォンを買ってきて、コード部分を丸々換えてしまうのが手っ取り早い。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です