Kubernetes環境にgitlab-runnerを立てる

gitlab-runnerの構成がイケてないので作り直した記録。
今回の環境は Rancher 2.6 を使用している。

ちなみに環境自体は前から使っているものだがESXi上に適当なVMを立ててRancherをdockerに展開して、ワーカーノードとしてPhotonOSをデプロイしたら一瞬でできた。

クールな環境なのでgitlab-runnerも一瞬で構築できる。

クラスタのダッシュボードを開いたら右上の[Kubectl Shell]をクリックしてShell画面を開く。

Shellに接続したらnamespaceを作成する。ここでは”gitlabrunner”とする。

 

次にgitlabのリポジトリを追加する。

 

デプロイする。”gitlab-runner-01″のところは任意の名前をつけて良い。namespaceの指定も忘れずに。

 

このままだとgitlabに接続する情報や権限が足りないので設定をいれる。
ブログの表示の関係で改行(\)を入れたけど一行で入れて良い。

 

トークンはgitlabの[管理者エリア]-[概要]-[Runner]画面の右上からコピペできるこれ↓ね。

gitlab上で追加を確認できたので終わり。
あとはgitlab-ci.ymlを設定してみて動けばOK。

多少回り道して構築したあとに手順をまとめたので、もし上記で追加できなかったりエラーが出るようだったらコメントで教えてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です