ストレージサーバー設置した

部屋にPCがいっぱいあるのでLANで繋がってるとはいえデータのやり取りがめんどくさかったし、あちこちに同じファイルが存在しているのでこの際ひとまとめにすることにした。

発端はHPのProLiant N40L デッドストックを入手したこと。2000円で譲ってもらった。

rsdsc00412

 

 

フロントが開く。HDDベイが4つに5inchベイが1つ。ストレージにはぴったり。

rsdsc00417

 

 

250GBのHDDが搭載されているがこれは使わない。標準メモリは2GBなので、もう2GB足して4GBにした。マザーボードはトレーごと引っ張り出す。

HDDはminiSAS=>SATA 4ポートのケーブルで繋がってる模様。オンボードチップはSASには非対応なのでSASで接続したり、簡易じゃないハードウェアRAIDが使いたければ別途ボードをPCIeに刺す必要がある。

 

rsdsc00418

 

HDDは東芝のニアライン向けMG03ACA300を3機搭載。

OSはUSBメモリにFreeNASをインストール。ディスクはRAIDZ(5)として総容量6TB。

MG03はシーク音が大きいことで有名?でこのサーバーももれなくガリガリゴリゴリ鳴るサーバーになった。別にシーク音が大きいのはきらいじゃない。

だいたい書き込みで最大78MB/s程度といったところ。もっと出てくれれば嬉しいが自分の用途では十分実用に耐えるレベルだしこんなもんか。

総費用はだいたい2.6万円くらい。サーバー本体が安いのが効いた。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">