沖縄に行こうとして失敗した

タイトルの通りです。今年47都道府県制覇を完遂すべく沖縄行き直行便のチケットを取ったもののその日に限って雪、雪、雪。

JRも朝から遅れていたのでそれなりの覚悟はしつつ新千歳空港へ。いつも通り手続きも済ませ、40分くらい遅れて機内搭乗開始。この時既に新千歳空港は滑走路1本閉鎖。

さらに遅れて一旦出発するも、いつまでたっても離陸せずそのまま2時間弱…。

その後エプロンに戻り欠航が決定。

 

 

まぁこんだけ降っていればやむを得ない。

rsdsc00491

 

ダイヤの乱れまくっているJRを乗り継ぎやっと帰宅。2140円払って地上にいる機内で1時間昼寝をしただけだった。

結局この日は252便が欠航、JR192本が運休とのこと。

今年はまだ20日ほど残っている。制覇をあきらめたわけではない…。

ストレージサーバー設置した

部屋にPCがいっぱいあるのでLANで繋がってるとはいえデータのやり取りがめんどくさかったし、あちこちに同じファイルが存在しているのでこの際ひとまとめにすることにした。

発端はHPのProLiant N40L デッドストックを入手したこと。2000円で譲ってもらった。

rsdsc00412

 

 

フロントが開く。HDDベイが4つに5inchベイが1つ。ストレージにはぴったり。

rsdsc00417

 

 

250GBのHDDが搭載されているがこれは使わない。標準メモリは2GBなので、もう2GB足して4GBにした。マザーボードはトレーごと引っ張り出す。

HDDはminiSAS=>SATA 4ポートのケーブルで繋がってる模様。オンボードチップはSASには非対応なのでSASで接続したり、簡易じゃないハードウェアRAIDが使いたければ別途ボードをPCIeに刺す必要がある。

 

rsdsc00418

 

HDDは東芝のニアライン向けMG03ACA300を3機搭載。

OSはUSBメモリにFreeNASをインストール。ディスクはRAIDZ(5)として総容量6TB。

MG03はシーク音が大きいことで有名?でこのサーバーももれなくガリガリゴリゴリ鳴るサーバーになった。別にシーク音が大きいのはきらいじゃない。

だいたい書き込みで最大78MB/s程度といったところ。もっと出てくれれば嬉しいが自分の用途では十分実用に耐えるレベルだしこんなもんか。

総費用はだいたい2.6万円くらい。サーバー本体が安いのが効いた。

 

 

3Dプリンタを買った

今流行りの工作機械は3Dプリンタだ。自分でメーカーでディスコンしてる修理用のパーツを作ったり、自分の好きな小物をプリントできるスゴイマシンだ。すごいので俺も買った。

お遊び用なので安めのやつ。QIDITECHの X-one。お値段税込み49,800円。

rsdsc_9351

 

なかなか厳重な梱包の荷物が届いた。Overweightとか書いてあるが普通に一人でもてる。

これが本体。

rsdsc_9356

 

なんでこんな色にしたのか知らないが大変鮮やかなブルーである。各所はビニタイでしっかり固定してある。中華メーカーにしてはかなり梱包状態はよい。中華工作機械として有名なものの一つにレーザー工作機があるが、そんなものとは大違いの梱包の丁寧さだ。組み立て精度も十分そうに見える。

rsdsc_9353

 

こちらが付属品。フィラメントはお試しとかではなくPLA 1kgが付属。専用品しか使えない他社の安価製品と違い汎用のPLA、ABSフィラメントがそのまま使える。いいことだ。

ご丁寧にスティックのりも付属。電源ケーブルは3極でアースが出っ張ってるやつだがありふれたケーブルだし別なやつを使えばなんてことはない。

 

さて印刷するデータがないと機械は仕事をしてくれないが、ちゃんと印刷するデータは前日に用意しておいた。

fuuin

 

封印の鍵。出力は単色だが色はつけておいた。

モデルはBooleanで全部くっつけて一つのオブジェクトにした後obj形式にする必要がある。上位版じゃないメタセコイアでは出力でいないのでフリーソフトを使って変換するか、最初からBlender等objで保存できるソフトを使えばいい。

あとはSDカードに入れるか、USB接続で3Dプリンタに転送する。取扱説明書にはSDカード推奨とかいてあるのだがなんとこいつ初期不良でSDカードを読まない。

仕方がないのでUSBで接続して出力開始。

rsdsc_9362

 

当然だが宙には印刷できなのでちゃんとブリッジを設定しないと失敗する。(最初何回か設定が悪かったりして失敗した)

rsdsc_9363

 

出力完了。いらない部分をちぎって完成。

思ったよりずっときれいに出力できた。

img_wsj8pa

 

とりあえず使ってみての思ったのは、まだ3Dプリンタは出力にコツがいるということ。インクジェットプリンタみたいに出力すればだれがやってもきれいに完成とはいかないらしい。

まだまだ発展途上のデバイスであるし、今後はもっと高精細で簡単になっていくのだろう。あくまで現段階では「工作機械」の域は出ないんじゃないかと思う。

もちろん夢のつまった素晴らしい機械であることに変わりはない。満足。

 

SDカードスロットの問題、USBで印刷できるし修理してもらうのもめんどくさいので放置してたがサポートにメールを送ってみた。こういう不具合時には日本語対応してくれる国内代理店があるメーカーは楽かもしれない(QIDITECHもしてくれるの?)。さてどうなることやら。

VUメータのランプ交換

SH-9020Mのランプが切れていたので交換した。

VUメーターと書いたけどPEAK/AVERAGEメータなのでPPメータというのが正しいのかもしれない。詳しくなくてごめんなさい。

rsdsc00287

 

同じようなランプに交換するなら大がかりに分解する必要はない。フロントパネルを外して、パカっと。メモリの紙がついてくることがあるので針を曲げないように注意。

rsdsc00290

 

ランプには交流6Vが供給されているのでLEDに置き換えようと思ったら電源を取る場所を弄る必要がある。今回は普通のVU用電球を用意。はんだ付けで交換しておわり。

 

rsdsc00294

 

んんん、暗いぞ!

電球の仕様よく見たら9V~12V用でした()

 

電圧の違う場所に接続することにして、天板を開いてみる。

トランスからつながってるこの部分、ここでもうちょっと高い電源に接続。

rsdsc00297

 

 

明るくなった。これでおわり。

rsdsc00302

SONY MDP-A30修理

ジャンクのMDP-A30を買った。症状はFL管(ディスプレイ)表示せず、トレイ開きません。

簡単に直ったのでまとめ。

まずトレイが開かない症状だが、だいたいがベルトが滑っているか固着しているかトレイ位置検出のマイクロスイッチが調子悪いかのどれかだ。MDP-A系の場合はディスクを抑える部分が固着する持病がある。

このMDP-A30ももれなく固着してたので手でベリッと引き剥がしたら以後トレイは正常に開くようになった。この状態でディスクを入れるとA,B面とも再生は正常。しめたものだ。

次にFL管、劣化で光らなくなったとは思えないのでコンデンサの容量抜けが疑われる。

前面の基盤を本体から分離。フラット1箇所、コネクタ3箇所。

rsdsc00281

 

 

これが表示部の基盤。電解コンデンサが3つほど載ってるが、これは別に光らないこととは関係なし。今回も交換はしていない。

rsdsc00263

 

 

裏をみると表示管に隠れた部分にC101~C104があるのが記載によりわかる。

今回はC101、C102の2つだけ交換した。各16V47uFの黄色いコンデンサ。

 

rsdsc00267

 

 

隠れているということは表示管をなんとかしないといけないわけだけども何十個もはんだ除去なんぞしたくもないので表示管を写真のように起こしてやった。

上側のツメで留まっている角を外せばおk。問題の電解コンデンサが見える。裏側からはんだを吸い取ってやれば電解コンデンサは抜けると思うし、新しいコンデンサも穴に差し込める。

rsdsc00270

 

だがしかし、なんと手元にははんだ吸い取り線もスッポンもない。…のでクリアランスがあることをいいことに裏側につけてしまった。

(はんだ付けてきとうですみません。容量もあってません。100uFついてます。)

rsdsc00276

 

 

光ることを確認して終了。リモコン取説付き、いい買い物でした。

rsdsc00283

 

 

HTC VIVEを買った

今話題のVRとやらだが、自分も欲しくなったので買った。10月13日にPSVRの発売を控え、買うならPSVRが出る前だろうと思い現金を握りしめ札幌のツクモへ。

外箱だと持ち帰り重いとかいう話も見たが、店では内箱が積んであった。VIVEは予約特典としてGoogleのTiltBrushを含め3本のソフトのアクティベーションコードがもらえる。自分の場合は事前の処理なくそのまま店頭で買ったのだけれどSteamのアクティベーションコードはもらえた。いつまで配ってるのかは不明。

 

VIVEの箱をニヤニヤしながら抱えJRで帰宅、さっそくセットアップを行う。

rsdsc00250

 

 

2つのベースステーションは部屋の対角、2m以上に設置とある。床置きでも一応可能らしいが自室はアングルラックだらけなので簡単に固定することができた。床から2mは確保できていないものの1.7-8mくらいで今のところ問題はないようだ。

壁に穴をあけるビスなど付属していたが壁に直接ねじ止めしてしまう人は少数だろう。

 

リンクボックスの接続はUSBとHDMI又はDisplayPort。実はグラフィックボードには既にモニタが4枚繋がっていてこれ以上出力は出せないのだが、ポートが5つあるので余ってるHDMIポートからケーブルを伸ばした。VIVEで遊ぶときはどこかのモニタを殺してリンクボックス側を生かす。

Oculus RiftやOSVRと違いVIVEでうりにされているルームスケールで遊ぶには最低で2×1.5mの空間が必要とされている。自室ではなんとか確保できたが最小ギリギリだとルーム測定の際に苦労するかもしれない。

なお、後から気づいたのだけどSteamVRの開発者タブからクイック補正かければトレースなんかしなくてもすぐだった。

1476016653263

 

 

ちなみに、SteamVRで遊ぼうとするとSteamログインステータスに[VR]アイコンがでる。友人に言わずしばらくこっそり遊ぼうとするならば、手動でオフラインにでもしておかないとバレバレである。

1475242417678

とりあえずチュートリアルを走らせて、没入感の凄さに驚いた。お世辞にもディスプレイは高精細とは言い難いが一度世界に入り込んでしまえば自分は気にならなかった。

4Kディスプレイを購入した際にゲーミング環境としてこれ以上はないだろと思っていたのが見事に覆されてしまった。トラッキングも素晴らしく、もっと酔ったりする覚悟だったのにまったくその様子もない。

今回も半ば衝動買い的なところがあった。しかしVRは期待以上だ。

システム要件がなかなかハードではあるが元々ゲーミングPCを持っているならば追加の10万でこの体験は十分元が取れる。

液晶テレビのメイン基盤を交換した

はい。

自分の部屋にはテレビがある。別にテレビ放送なんか見ないんだが少し大きい画面で動画を見ようと思ったので設置した。REGZA 37Z1S、LEDバックライト化されたころの機種だ。

実はこいつは部屋に来たデジタル液晶テレビとしては3台目で、LC-32GH5と37Z7000がこの前にあった。全部中古だが。もっともLC-32GH5は解像度が1366×768だったのでまともに運用せず友人に売り払ってしまったし、32Z7000の方はCCFLバックライトのこともあり真っ白な画面を出すと左右端が少し暗くなり始めているのが判明したのでテレビを見てる分には気づかないレベルのうちにさっさと売却してしまった。

そして来たのが37Z1S。LEDバックライトなので色むらもなくPC接続すると文句はなかった。ただしこいつ訳アリで設定画面が開けない。設定画面が開けないということはチャンネル設定もできず画質のこまかい調整も不能である。まあ既にチャンネルは札幌圏に合わせてあったのでとりあえず映るし、PCモニタ用と割り切って1万円で買い。

 

そして数ヵ月後、ついに出た。地元に液晶割れのZ1シリーズが。液晶割れは基本的に廃棄なのでメイン基盤だけ買いますと言ってメイン基盤だけもらってきた。1000円。安いぞ。

壁掛けにしてあるので降ろすのに苦労するも、さっそく分解。

rsdsc08909

 

一番左のがメイン基盤。中央がT-con、右が電源基盤。

メイン基盤以外なら修理も基盤入手もまだしやすいのにメイン基盤となるとパーツ取りを自分で用意するかメーカー送りにするしかない。

rsdsc08914

 

 

今どきのテレビはまず素人が基盤のパーツをどうこうして直るものではないので基盤ごと交換になる。作業は簡単でコネクタを数か所抜き差しすれば終わる。やはり今どき家電の最大の難関は基盤入手だな。

 

組みなおして終わり。1.1万円の完動品の37型REGZAになりました。

メインPCのSLI化

先日4Kモニタを買った記事を書いたが、4KはFullHDの4倍の解像度だ。ゲームが易々動いてくれるはずもなく、グラフィックボードを買い足した。

元々Galax GTX980Ti HOFが刺さっていたので同じものをもう1つ買った。新品だと予算オーバーだが札幌で運よく中古で同じものが手に入った。お値段税込み8万円。

そして家に帰ってから気づく。そういえばマザボSLI対応してないと。アホ。

マザボはGA-H170-HD3 DDR3。なんでこんなマザーを使っていたのかというと前に使っていたPCに原因がある。

以前はXeon E5v2系の20スレッドもあるCPUを使い、X79マザーにメモリスロットが8本あることをいいことに46GBくらいRAMを載せたバカみたいなPCを使っていた。しかしながらCPUクロック的にGTX960あたりで限界が見え始めたためi7 6700Kで組み替えることにしたのだがその40GBもあるDDR3メモリがもったいなかったのでDDR3マザーにしてしまったのだ。

1448095186169

 

これはいかんのでマザーも買い替えた。ASRock Z170 Extreme4。DDR4メモリ8GB4本と合わせて追加3万ちょっとの出費だった。痛い痛い。

980Ti SLIにもなれば電源は850W~1000Wクラスが妥当だが電源まではさすがに予算がつかなかったので余ってたCorsairの550Wプラグイン電源を搭載してデュアル電源にしてしまった。ケースがフルタワーだからできた芸当ともいえるが。

めでたくSLIになったので3D Markを走らせて終わり。

cbzlwkovaaa7xxk

 

Better than 99% of all resultsとは立派。

次世代がでたらすぐ抜かされるんだろうなぁ。PCパーツの宿命。

HSPの迷路プログラム更新した

こんちゃ

せっかくの春休みなのに風邪を引いて全く活発に活動できないのでごろごろしつつ一昨年くらいに書いた迷路プログラムを改造してみた。

なにもおもしろい機能は増えてないが、セーブロード周りの強化と細かい動作の改善程度。

laby150

 

前回と決定的に違うのは、ちゃんと配布するところです。

こちらからどうぞ。

ダウンロード

 

4Kモニターを買ってみた

時代は4K Ultra HDらしい。というわけで自分も買った。

写真はない。ググればたくさんでてくるもん。

 

DellのP2415Q。モニターアームで23型の液晶モニタを複数枚固定している関係で24型じゃないと収まらない。そういう理由で選択肢はP2415Qしかなかった。

注文するのが面倒だったので札幌で在庫を探したのだがどこも在庫なしで仕方なくネットで買った。49,800円。安くなったもんだな。

以前は4KモニタといえばIBMのT221等が中古で出回ったりしていたがあやつは50Hzで使うにはDVIが4本必要などいろいろめんどくさいものだった。ここ数年になれば業務用のPC作業向け製品が出ていたが数十万クラスでしかもスケーラやら出力の問題があって一般人にはコストが高すぎた。

P2415QもHDMI1.4までの対応だしDHCPのバージョンもあるが、まぁこの先何年メインモニタで使うかわからないし後継機種も出るかもしれないが承知の上で購入している。

もちろん満足しているのは価格面だけじゃない。使い初めて2日だがもはや左右のFullHDモニタがぼやけて見える。画質的にも大満足である。

ただやはりソフトウェア的な対応はもうちょっとかなという気はする。接続先のOSはWindows10なので200%表示で綺麗に見えるが左右のモニタへウィンドウを動かす際にスケーリングが適用されなかったり、またこれはアプリケーション側の問題だがインターフェイスが小さくなりすぎたりという場面には何回か出くわした。

グラフィック周りの設定等も不具合が残る。P2415Qを接続した直後からWindowsのディスプレイ設定が開けなくなった。コントロールパネルから開ける方は使えるのだが、スタートメニューもしくはデスクトップ右クリから入るほうの「システム」がぜんぜん開けない。

しつこくクリックしまくっていたらたまぁに開けるが応答なしになったりして安定せず。

 

またGeForce Experienceも開けなくなった。スプラッシュウィンドウの後メインウィンドウがでてこない。タスクバーのプレビューをみても真っ白のまま。

これは解決方法を見つけた。タスクバーのプレビューを右クリックして「最大化」をクリックするとメインウィンドウがでてくる。以後問題は発生していない。

 

しかし映りに関してはこの先このサイズの液晶はFullHDには戻れなそうだ。昔使っていたiPod TouchがRetinaになったときに感じた荒さと丁度同じだ。

あとは仕方がないんだが中央にP2415Qを配置したことでトリプルモニタのモニタが3枚とも違うモニタになってしまった。いままで左右がRDT231WLMで中央がRDT232WXだったのだがRDT232WXを左側と付け替えたためだ。

だがこれ以上使わないモニタを保管すると部屋がモニタだらけなのでRDT231WLMはヤフオクに流してお役ご免。